クレジットカードをお金に換える匠な方法

繰り上げ返済も含めたリボルビング払いの活用を

クレジットカードを使う場合、返済が発生します。
これがないということはありません。
借金にちかいものですから、一括で返済したりすることもあるはずです。
2回までは金利手数料がかかりませんから、うまく活用することも必要になります。
ですが、クレジットカードの現金化をする状況から考えると、返済が簡単にできないことは容易にわかるでしょう。
そんな時に活用するべき方法がリボルビング払いです。

リボルビング払いは、分割払いに近い方法になります。
一定金額を支払うことを取り決めた方法で、決められた金額を毎回支払っていく方法です。
返済の計画がしやすいメリットを持っており、定額ですのでわかりやすいというのが最大の特徴といえるでしょう。
返済に厳しい時期でも、一定額なら計画を立てやすくなるでしょう。
返済が頓挫してしまうことを防ぐ目的にも活用するべきです。
その代わりに、金利は少し高めになっています。
よく考えた選択は求められることは間違いありませんが、有効な手段であることは間違いありません。

リボルビング払いは便利ですが問題もあります。
計画はしやすい代わりに総額がいくらかわからなくなってしまいやすい欠点があります。
1回の支払いは定額ですからわかりやすいのですが、その内訳まで計算はかなり厄介です。
つまり、回数もよく分からないまま、毎月の返済だけを考えていくことになるでしょう。
どうしても、こうしたリスクが発生しますが、返済は確実に楽になります。
そこで、返済計画を考え繰り上げ返済を取り入れていくといいでしょう。

繰り上げ返済は、毎回の返済とは別に返済する方法です。
なぜこの方法を利用するかといえば、この返済は元本に繰入れられるという特色が重要となります。
返済には必ず利息がかかります。
リボルビング払いは定額を返済している中に利息が入っているのです。
繰り上げ返済をすれば、金利に関係なく元本を返済することになり、早く返済を終わらせることができるのです。
ほんの少しでも効果が高いため、負担の軽減のためにも、返済していくといいでしょう。


↑ PAGE TOP