クレジットカードをお金に換える匠な方法

限界を知るために必要な還元率の仕組み

クレジットカードの現金化は、現金が必要な時に確かに便利な方法です。
ですが、仕組みを考えておかなければ、取引きにも失敗してしまうこともあります。
特に還元率の問題には、細心の注意が必要です。

還元率は簡単に考えると、購入した金額がいくらになって現金が戻ってくるのかです。
10万円購入したとしましょう。
90%の還元率で9万円、75%なら7万5千円戻ってくることになります。
普通に考えると還元率は高いほうがいいに決まっているでしょう。
ですが、そんなに高くできない事情が隠れています。

還元率は、平均で80%前半に収まるぐらいです。
中にはキャンペーン中などで90%をこえるところもありますが、金額が大きくなった場合限定など条件が付いているでしょう。
時に驚くべき97%の還元率を提示していることがあるのです。
これは危険なサインでもあると思わなければいけません。

キャッシュカードの現金化の業者は、クレジットカードを読み取る機械をレンタルしなければいけません。
この端末もいろいろですが、使用料を支払うところは同じです。
この使用料は金額に対して1%~5%といわれています。
大体3%~4%はかかってくることは間違いないでしょう。
さらに、人件費や管理費も考えると、業者は95%も現実的には不可能です。
そんなことをすると利益が出ません。

それなのに初回の取引きに利益を限界まで削る提示をしますか?
考えれば、こんな取引きありえないとわかるでしょう。
こうした還元率の横に、小さく最大でとかかれていたりすれば、まだまだ可愛いほうです。
もっと深刻な問題が隠れている可能性だってあります。

お金を作る方法ですから、無駄にお金を失うのでは意味がありません。
だから、悪い業者に引っかかったりして失敗しないように、仕組みから考えておかなければいけないのです。
甘い話には裏があることは間違いありません。
良くの皮が突っ張ると、罠に落ちてしまうものなのは、なんでも同じことなのです。


↑ PAGE TOP