クレジットカードをお金に換える匠な方法

クレジットカードの現金化で分割入金はどうなのか

誰でも同じことですが、お金が必要になるときには、何か予告や予兆があるわけではありません。
突然お金が必要だからこそ、どうしようか考え悩むのです。
事前にわかっていれば、対応策も用意することができますし、考えることだってできるでしょう。
突然だからこそ、クレジットカードの現金化をはじめとして、現金を作る方法を検討することになるのです。

クレジットカードの現金化は、ショッピング枠を使った方法です。
決済が早い特徴を持っており、審査がない便利な方法であることからも定着しつつあります。
その方法もいろいろとあり、自分で行えるものもあります。
ですが、確実性が高いのが、業者に依頼するという方法でしょう。
しかし、業者だからこそ、気を付けていきたいことがあるのです。

一括入金ではなく、分割入金をするといわれるのも、そんな注意事項のひとつといえるでしょう。
分割でも入金してもらえれば、乗り切ることができるのならいいではないかと思うはずです。
高還元率での取引きにするから、その代わり分割にするといってきます。
何かおかしいなと考えなければいけませんが、高還元率というのが、お金が必要な時だからこそ、頭をよぎっていくのです。
98%といった、ほとんど損失のない還元率だったりするのですが、そんな都合のいい話はありません。
この還元率にしていたら、業者の利益はどこに行ってしまうでしょう。
さらに分割で入金すれば、階数分だけ振込手数料が発生するのです。
手数料が無料だったとしても、時間はかかるでしょう。
当然振込させる人の分だけ人件費がかさみますから、高い還元率の上に持ち出しです。
つまり、業者としては、何の利もないのですから、いかに問題かわかるでしょう。
損をすることがわかっていることをするはずなんかありません。

こうした分割を申し出た結末は何かといえば、1回目の振込みはありますが、その後消えてしまうのです。
2度目からは振り込まれることはなく、それでおしまいなのですから大損でしょう。
仮に入金をしてくれば、次のターゲットはもっと大きな取引きです。
そこで入金せずに終わってしまえば、やっぱり大損でしょう。
よく考えればわかることです。
へたに欲をかくから罠にかかるということを肝に銘じましょう。


↑ PAGE TOP